学校選びから必要なスキルまで知っておこう!

専門学校は豊富にあります。

専門学校で目指す場合

専門学校というとその道のプロを目指す学校で、特化型の教育を受けて技術を身につけられるイメージがあるかもしれません。
しかし、芸能マネージャーに関してはそうではない専門学校が多いようです。

例えば、「音楽ビジネス科」「放送芸術科」「声優演劇科」など、専門学校によって芸能マネージャーを目指す場合に勧められる科は違いますが、科の名前にマネージャーという単語はありません。
東京のある専門学校の声優演劇科では、ボイストレーニングや演技力の少人数制講義を始めとして、マスコミ学、やメディア学、 デザインなどを学べ、卒業生にも俳優や声優として活躍している方もいます。
では何故芸能マネージャーを目指せるかというと、タレントの仕事を理解していないとできない仕事ということが大きいでしょう。

メリットやデメリット

メリットは専門学校ならではのカリキュラムや設備です。
タレントが実際に活躍する現場に近い設備や環境を整えている学校も多く、また、実習形式で学べるようにしている学校もあります。
専門学校によって特徴が違ってきますので、どういった分野に興味があるかで学校を選ぶのもポイントになってきます。
例えば、俳優のマネージャーになりたいのであれば、演劇、俳優、タレントといったものがキーワードになりますが、音楽グループのマネージャーであれば音楽が強い学校を選ぶべきです。

デメリットは、学費の高さです。
初年度の入学金込みの学費を見てみると、120万から140万円かそれ以上の専門学校が目指せる専門学校の半数以上になります。
その代わり、四年制大学よりも短い期間で卒業はできるので全体でみれば費用を抑えることも可能です。


この記事をシェアする